2020年度川崎紫明音符ビッツ指導者養成<基礎>YouTube講座へのお申し込みありがとうございました。これまで以上の学びを一緒に進めて参りましょう。

未来を見据えてたくましく〜明治、大正、昭和を生きぬいた母

川崎紫明音符ビッツ 川崎紫明物語

母の月に母を想う。

ピアニストになりたかった母。

「大きな土井ひでさん」で知られた母。

母は本当に大きな人物でした。

同志社大学英文科に通いつつ、京都大学法学部に通っていた父と19歳で結婚。

6人の子どもを育てながら市議会議員を務め、当時の小泉首相から銀杯を授かりました。

一方で教会のオルガニストを務め、讃美歌の歌声はその豊かな声量で人々を魅了しました。

明治、大正、昭和を生きぬいた母の女性像は「いつも未来を見据えてたくましく生きる姿」でした。

タイトルとURLをコピーしました