アサフ音楽院 川崎メソッド音符ビッツ教室

アサフ音楽院 川崎メソッド音符ビッツの特色

音楽で楽しく育脳

アサフ音楽院のオリジナル教材「川崎紫明音符ビッツ」は、脳科学プログラムに沿って作られた、音から脳を育てる「ストレスフリー」な新感覚育脳メソードです。リトミックとあわせて、楽しく遊びながら知性を育みます。

なぜ0歳から音符を見せるの?

脳の発達は環境が大きな役割を果たしていて、脳の機能によっては臨界期があります。臨界期というのは発達の過程で、その時期を過ぎると進まなくなる時期のことで、特に視覚中枢の臨界期は、3、4歳までとされています。音符ビッツは、この脳科学理論に基づいて、赤ちゃんに適した大きな図柄の音符を見せて、視覚の回路を開きます。

ドレミも母語のように

大きな図柄の音符ビッツは、読譜の習得をスムーズに進める基礎となります。基礎がしっかりしていると、あとの発達がスムースになり、文章が読めるのと同じように楽譜もすらすらと読めるようになります。

川崎メソッド音符ビッツの目的

  • 読譜と絶対音感の習得
  • 集中力と記憶力
  • 知性と感性を磨く
  • 楽しく・創造力を開花させる
  • 音楽による脳開発

川崎メソッド音符ビッツ学習法とは

毎日速読トレーニングをくり返すことによって、驚くほど集中力がつき、音符もすらすらと読める様になります。
ビッツカードを手でめくりながら、目で見る、耳で聴く、口で読む、指でなぞりながら歌う、それらをリズムに乗って繰り返す・・・この五感を使っての「音符速読法」は脳の諸野を総動員させ、あらゆる機能を高めます。
又、リトミックやさまざまな遊びをともなった学習ができ、アイデアが湧き出て、楽しい!と実感します。
そして読譜だけでなく、相乗効果を生みあらゆる教科の学習の上にもすばらしい能力が発揮できるようになります。 勿論ピアノやヴァイオリン、又管楽器、ブラスバンドのアンサンブルなどの上達、演奏、技術の向上の大きな助けとなる事でしょう。

豊かな心と脳を育む川崎メソッド音符ビッツ〜院長メッセージ

音楽は大好きなのに、「楽譜を読むのが苦手」という人が何と多い事でしょう。実は私もその一人でした。
「何とか楽しくすらすら楽譜が読めるようになる指導をしたい」との切なる思いで研究を重ね、多くの生徒さんの協力を得て生まれたのが「川崎メソッド音符ビッツ」です。
みんな音楽が大好きになり、音感が付き、音符が読めるようになり、いつしか「音楽のディズニーさん」と呼んでいただく程になりました。
皆、初見の段階で時間がかかるのですが、音楽の三要素であるメロディ・リズム・ハーモニーの基礎が幼少時より楽しく学べる音符ビッツリトミックは、豊かな心と脳を育みます。
アサフ音楽院院長 川崎紫明

川崎紫明先生

川崎メソッド音符ビッツ教室

川崎メソッド音符ビッツ
ソルフェージュ レベル1
0歳〜2歳
川崎メソッド音符ビッツ
ソルフェージュ レベル2
2歳〜4歳
川崎メソッド音符ビッツ
ソルフェージュ レベル3
4歳〜6歳
川崎メソッド音符ビッツ
ソルフェージュ レベル3
川崎メソッド音符ビッツ
ソルフェージュ レベル4(専門コース)
カレンダーを確認する

川崎メソッド音符ビッツ推薦のことば

川崎メソッド音符ビッツの素晴らしさは、脳の中の作業順序としてまず音符が読めていると、リズム、音の高さを探る作業にゆとりをもって没頭できる点にあります。
楽譜を絵の様に読む。私は音符ビッツをどの講演会にも持ち歩いていますが、凄い人気です。高橋一押しの音符ビッツカードは子どもだけでなく全年齢の音楽愛好家のためのものでしょう。

東京藝術大学講師 東京音楽大学講師 国立音楽大学講師 日本ソルフェージュ研究協議会理事
高橋 千佳子先生

初めて、川崎紫明先生のアサフ音楽院を訪れ、数人の生徒さんの演奏を聴かせていただいた時、ピアノを習い始めて間もない小さなお子様が、すでに正しい読譜力を身につけていらっしゃるのを目のあたりにし、驚かされたことがありました。
川崎紫明先生の生徒さんたちは皆、幼少の頃から「川崎メソッド音符ビッツ」によって高度な読譜能力を自然と学んでおられるのです。
「川崎メソッド音符ビッツ」は、小さいお子さんが楽しみながら、音符やリズムなど正確ですばやい読譜ができるようになる、最も有効な方法であるといえます。
川崎紫明先生は長年にわたって、幼児教育の本質を多面的に研究されてこられた方で、同時にスズキメソードの最も深い理解者であります。易しく楽しく音楽が学べるこの学習法を考案し、実践なさっている功績は、音楽界において大きなものであることは間違いありません。
「川崎メソッド音符ビッツ」によって未来を担う子どもたちの「心」と「脳」の両面に、すばらしい成長が期待されます。

上野学園大学音楽学部講師 ピアニスト
安田 正昭先生

洗足学園音楽大学付属音楽教室において導入されている「川崎メソッド音符ビッツ」は、すばらしい教材でありながら、「教材」という堅苦しいイメージからは程遠く、「音符が書かれている玩具」というような感覚で子供たちに楽しんでもらえています。
中でも「どうぶつリズムビッツ」は動物の鳴き声を巧妙に模し、子供たちが遊びの中でリズム感や読譜力を少しずつ、しかし確実に身につけてゆくもので、その方法は革新的であり、効果は絶大です。
自然に音符と触れ合いながら、音楽に必要な音感、リズム感、読譜力が向上してゆく音符ビッツ学習法は極めて優れた、これからの音楽指導の常識が大きく変わる可能性を秘めたソルフェージュ教育といえるでしょう。

洗足学園音楽大学 准教授 洗足学園音楽大学付属音楽教室 室長 東京芸術大学非常勤講師
久行 敏彦先生

川崎メソッド音符ビッツは、まさに音楽の本質だと思います。
私ども夫婦は、子どもの知能について興味があり、神戸で開かれた一週間に及ぶグレン・ドーマン博士のセミナーに参加しました。そこでは、子どもへの知識は単純に書かれたビッツカードで、ごくごく短い時間教えるというものでした。そのセミナーで川崎紫明先生にお会いし、3人の子どもたちがピアノを教わることとなりました。
川崎先生はスズキメソードとドーマン博士の理論を基に、さらなる研究を重ね「川崎メソッド音符ビッツ」を発案なさいました。
先生に学んだ3人の子どもたちは、絶対音感も自然に身に付き、何よりも音楽が大好きです。
「川崎メソッド音符ビッツ」は音楽を学ぶにあたり基礎となる読譜力を楽しく培うすばらしい教材です。私は「川崎メソッド音符ビッツ」を心から推薦いたします。

株式会社アイマム 代表取締役
嶋谷 光洋氏

川崎メソッド音符ビッツで学んだ生徒の進学先

東京大学、東京芸大、東京音大、武蔵野音大、京都芸大、大阪音大、大阪芸大、大阪大学、京都大学、奈良医科大学、広島大学、関西大学etc…音楽分野にとどまらず、優秀な生徒が輩出され、社会に貢献しています。

関連リンク

アサフ音楽院へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

10:00-19:00/日・祝休み
タイトルとURLをコピーしました